輪っ大変だ

鬼ごっこ、かんけり、ゴムとびなど、昔からある子どもの遊びはいつになっても人気です。
質素だけれどずっと遊べる、誰でも楽しめる、思い出に残る、そういう遊び。

『輪っ大変だ』の遊び方

・ 人数 : 1チーム4〜6人を3〜4チーム
・ 準備 : フラフープ 大中小各3本


  1. 3〜4チームに分かれます。各チームの人数は同じにします。
  2. 同じチームの人に輪(フラフープ)を転がしてもらい、輪に触れたり倒したりしないようにしながら、素早く輪をくぐり抜けます。
  3. 持ち時間を2分程度に決め、その間に何回くぐり抜けられるか競争します。
  4. くぐり抜けた輪の大きさによって、大は1点、中は3点、小は5点をもらいます。一番得点を獲得したチームが勝ちます。

輪っ大変だ

『輪っ大変だ』を遊ぶときのポイント

・低い姿勢で素早く動かないと輪(フラフープ)を通り抜けることができません。

・大中小のフラフープが無ければ、1種類でもよい。

・逆回転をかけるなどの転がし方の工夫次第で、輪を自分でくぐることもできます。