海へ山へ

鬼ごっこ、かんけり、ゴムとびなど、昔からある子どもの遊びはいつになっても人気です。
質素だけれどずっと遊べる、誰でも楽しめる、思い出に残る、そういう遊び。

『海へ山へ』の遊び方

・ 人数 : 5人以上
・ 準備 : 特になし


  1. 4つの大きな円をかき、4チームに分かれて、それぞれ円の中に入ります。
  2. リーダーが「海へ」と言ったら、左のチームの円へ、「山へ」と言ったら、右のチームの円へ、チーム全員が10秒以内に移動します。
  3. 間違えた人はゲームからぬけます。
  4. 一定回数後、間違えた人の少なかったチームが勝ちます。

海へ山へ

『海へ山へ』を遊ぶときのポイント

・チームの人数は同じにします。

・「海」「山」という言葉を使って、1つのストーリーを作り、展開するのも楽しい。例えば、「楽しい夏休みは、どこへ行こうか迷ってしまう。山田さんの家では、今年は山(ここでゲーム参加者は左の円へ移動)へ、キャンプに行くことになりました。」など。