気持ちをひとつにして (気持ちを1つにして)

鬼ごっこ、かんけり、ゴムとびなど、昔からある子どもの遊びはいつになっても人気です。
質素だけれどずっと遊べる、誰でも楽しめる、思い出に残る、そういう遊び。

『気持ちをひとつにして』の遊び方

・ 人数 : 制限無し
・ 準備 : 跳び箱、マット


  1. 15人程度のチームに分かれます。
  2. チームごとに、跳び箱の一番上の段を床に置きます。その周りをマットで囲みます。
  3. スタートの合図で、各チームは1人ずつ台の上に乗っていきます。
  4. 乗ることのできた人数の多さを競います。

気持ちをひとつにして

『気持ちをひとつにして』を遊ぶときのポイント

・時間制限を設けて競っても楽しい。